読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白米に塩

日々の雑記。

女王蜂「仮面の宴」ライブレポ

※色々と書いてます

 

2月12日、大阪にアメ村BIGCATでの女王蜂のライブ、「仮面の宴」いってきました!今回のライブは初めての1人参戦でした。胃腸炎にかかっていたこともあり、行けないと思ってたんですけど無事に行けてよかったです。とても楽しかったー!

大阪で女王蜂のライブに参加するのは初めてでした。やっぱり開催する場所によって雰囲気違いますね。大阪の人たちはやっぱり激しかった。たぶん。仮面の宴ということで入場時に仮面が配られるのですが、いかんせん汗っかきなので一瞬で仮面が壊れちゃいました。悲しい…(笑)

 

セトリに関して、ですが。公式からも発表されてる通り、新しいアルバムがでるということで!めでたい!新曲も歌ってくれて嬉しかったなあ…。多分3曲歌ってましたね。どの曲も、女王蜂らしくてドキドキしました!アルバムの発売が待ち遠しいですね〜!最初にアヴちゃんと掛け声の練習をしたんですけど、その掛け声が「ボーイミーツガール!ボーイミーツボーイ!ガールミーツガール!」と、また曲は違うんですが「ウェアイズパラダイス」っていうとっても女王蜂らしい掛け声で、後者のほうはちょっと言うのが難しかったですね(笑)これは次のツアーとか盛り上がりますよ!!掛け声を説明するときのアヴちゃんの発音が良いのと、なんかやっぱり可愛かったなあ。デスコの時なんかはやっぱりジュリ扇の羽が会場に舞ってて非日常感がすごかったです。あれをみると女王蜂のライブに来たなって思いますね。

一番私が好きなのは「もう一度欲しがって」です。あのイントロが流れて来ただけでテンションめっちゃ上がりましたねー!やっぱり大好き!あと、「鉄壁」はきくと泣いてしまいますよね…アヴちゃんの声と表情にやられます。あと印象深かったのは「く・ち・づ・け」。ひばりくんのギターがもうカッコよすぎました。結構みんなが合いの手?みたいに歌ってるところが多い曲なので、なんか好きなんですよね。

 

私はステージにむかって左側のほうにいて、前から5列めくらいですかね?わりと真ん中のほうにいたんですけど、やしちゃんとサポートメンバーのみーちゃんがよくみえました!あとアヴちゃんも。結構左側にパーっと歌いながらきてくれたので、嬉しかったです!眼福眼福。いまのところスタンディングでしかライブをみたことがないので、今度は指定席とかでみてみたいですね〜!スタンディングのワチャワチャ感も好きですけどね。

今回は自前の衣装も病み上がりということを考慮してきていけず、女王蜂スウェットを着て参戦しました。まあ暑かったです。(笑)今度ライブに行く時はバッチリキメていきたいと思ってます。

アンコールまであますことなく素敵なライブでした。CDの発売がとっても待ち遠しいですね!またライブには行きたいと思います、次は女王蜂仲間と…いけたらいいですね!(友達いないけど)

 

では、夏目リリでした!

胃腸炎になりまして。

こんにちは、夏目リリです。

今流行ってるらしい胃腸炎にまんまとなりまして、先月のインフルエンザに続き病気の流行りにのってしまいました。この年まで生きてきて胃腸炎には一度もかかったことはなかったのですが、想像以上にキツいものがありました。本当に苦しいです。

 

まず、強烈な吐き気と便意(汚い話ですが)と39度近くの高熱。悪魔のような組み合わせですね。立ち上がると頭は痛いし、トイレにいけばマーライオンのごとく嘔吐。自分の運命を呪いました。そしてこれは胃腸炎の症状なのか定かではないんですけど、歩くと心臓のあたりがめちゃくちゃに痛いんです。心臓がつかまれてるような痛みです。掴まれたことないんですけど。そして、一番辛いことは、好きなものを食べられないことです。

普段食べるために生きてるような小デブの私にとって、好きなものを自由に食べられないということは、死んだようなものですよ。三日間ほど、私は経口補水液と薬局で売ってるなんかよくわからない味のゼリーしか口にしませんでした。ああーー!唐揚げが食べたい!!1日のカロリー摂取量を記録するためにとっているダイエットアプリは今日は何を食べましたか?、カロリーを入力してください!といちいち私に通知してくるんですが、こちとらほぼゼロカロリーみたいな生活してるわ!と文句も言ってみたくなっちゃいますね。

ほぼ回復したとはいえ、まだまだ体調も万全とは言えない状況なので、油断せず行こう!と思います。みなさんも体調に気をつけてくださいね。

では、また次回の記事で。

 

 

映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」のぼんやりした感想

 

f:id:hiyokokamisama:20170202235829p:plain

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

映画の公式サイトです↓

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』公式サイト | 鬼ヒット 上映中!

 

youtu.be

どんちゃん騒ぎの気配しかしない予告編です!

 

  • あらすじ
フツーの高校生・大助は、同級生のひろ美ちゃんのことが大好き。修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。目覚めるとそこは―深紅に染まった空と炎、ドクロが転がり、人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!! なんで俺だけ!? まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!!
慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図を率いる赤鬼のキラーK。
キラーKによると、なんと、えんま様の裁きにより現世に転生するチャンスがあるという!
キラーKの“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けた、大助の地獄めぐりが幕を明ける!!!!!

 

  • ぬるい感想

とっても長いPVをみていたような気分でした。私は大好きですこんなノリの映画。まさにどんちゃん騒ぎですよ!なぜここまで?というくらいの豪華なキャスト。その一人一人が濃かったです。主人公の関大助を演じる神木隆之介くん、キラーKを演じる長瀬智也さん(個人的に大ファン!)のやりすぎでは!?というくらいの変顔、というか演技に笑わせてもらいました。神木くんみたいなイケメンがすばらしいほどのバカキャラに仕上がってて気持ちよかったです。(笑)ここまでぶっこむかよ!?というくらいのネタ要素にお腹いっぱいになりました!

映画を見はじめてまずびっくりしたのは最初のバスでのシーンですね。あらすじにもある通り、修学旅行中の移動中にバスが谷底に落ちるという不慮の事故で主人公はなくなっちゃうんですが、主人公がこんなに一瞬で死んじゃう映画無いんじゃないでしょうか。けどこの死ぬシーンもコミカルに描かれてて、どんな人でも気兼ねなく見ることができると思います。

キラーKの「地獄へようこそ!」と印象的なセリフから始まる曲が個人的にとっても好みでして!サントラを買うことを検討しています。まだ売ってるよね・・・?

そして地獄のいかにも映画のセットです!という感じがすばらしくよかったですね。いい意味で古き良きというか。この映画の設定上、またそれがいい味出してたと思います。

 

最初のほうでも書いたのですが本当キャストが豪華すぎるんですよね。けどみんな地獄の住人なので、メイクが濃すぎて誰かわからないってことも。シシド・カフカさんとかもいたんですけど全然気づきませんでした。エンドロールのキャストのところで納得。本当私の文章じゃよくわからないと思うんですが、地獄から脱出するには閻魔様に認めてももらう必要があり、その認めてもらう方法がロックで対決しなくちゃいけない、みたいな・・・・わかりました?私もよくわかっていません。こういう物語の性質上、音楽方面のキャストも非常に豪華です!音楽好きな人はさらに楽しめるのでは?そしてミュージカルのように映画は進んでいきます。地獄版ディズニーみたいなそんな感じです。

ストーリーはとにかくコメディ色強めですが、ちょっと泣けるシーンなんかも。主人公の大助くんは童貞なんですけど、それがまたいい味出してました!やっぱり青春感でますよねいい童貞が出ると。童貞=青春映画ですよ。

輪廻転生をして大好きなひろ美ちゃんに会うことを目指すというのがこの映画の本軸なのですが、途中からキラーKの過去も絡んできます。コメディ色強め(というかコメディなんだけど)のこの作品は、正直ご都合主義てきな部分もあるように感じる部分もありました。それでも私はとっても気に入りましたけど!あと、使われてる音楽が非常によかった。そこもまたポイント高いです。

頭をからっぽにして見れる映画です。落ち込んでる時なんかにダラダラしながら見たらちょっと元気をもらえる、そんな映画です!

では、夏目リリでした。

映画「マジカル・ガール」のぼんやりとした感想

f:id:hiyokokamisama:20170131003909j:plain

マジカル・ガール

公式サイトのURLです→ 映画『マジカル・ガール』公式サイト

 

youtu.be

この予告編、ちょっと見てみてください。ね、嫌な予感しかしないでしょ?

  • あらすじ

 白血病で余命わずかな12歳の少女アリシアは、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。彼女の願いはコスチュームを着て踊ること。 娘の最後の願いをかなえるため、父ルイスは失業中にもかかわらず、高額なコスチュームを手に入れることを決意する。 どうしても金策がうまくいかないルイスは、ついに高級宝飾店に強盗に入ろうとする。まさに大きな石で窓を割ろうとした瞬間、 空から降ってきた嘔吐物が彼の肩にかかるー。心に闇を抱える美しき人妻バルバラは、逃げようとするルイスを呼び止め、自宅へと招き入れる。 そして…。バルバラとの“過去”をもつ元教師ダミアンは、バルバラと再会することを恐れている。 アリシア、ルイス、バルバラ、ダミアン―決して出会うはずのなかった彼らの運命は、交錯し予想もしない悲劇的な結末へと加速していく……。

 

  • ぼんやりとした感想

この映画を見たときはほぼ前情報を頭に入れず、TSUTAYAジャケ買いならぬジャケ借りした作品だったので、どんな話なんだろ~!とわくわくしながら見始めたものでした。きっと白血病で余命わずかな娘のために不器用なお父さんががんばるストーリーなんだとばかり思っていましたが、そんなことはなかったよ!

この映画は実は三部構成でして、「世界」「悪魔」「肉」というこれまた嫌な予感しかしないタイトルでストーリーがわかれています。全編通してBGMも少ないのですが、スペイン映画なのに突然流れてくる長山洋子さんの「春はSA・RA・SA・RA」。このBGMと映画の雰囲気もマッチしてないちぐはぐ感がまたこれからこの物語はどうなるんだ!?という気持ちにさせてくれました。

 

この映画は絶対ネタバレとかみないで見たほうが面白いと思うので、ストーリーには深くふれないようにしてるんですけど、やっぱりこれをみて思ったのは

悪いことはしちゃいけませんよ!!!

いや、カワイイ娘の願いをかなえたいお父さんの気持ちはとてもわかるんですが!わかるんですけど!それでもやっぱり!!!ね!!!(ネタバレしてはいけない気持ちとの葛藤)

少女アリシアを演じるルシア・ポジャンちゃんは本当に可愛いしとっても健気なんですよ・・・。そんな娘の願いなんでもかなえたくなっちゃうのがふつうのお父さんの気持ちだと思います。けどその娘の願いをかなえるために必要なものは、大金というのがまた非常に現実的だな、と。父ルイスは元教師で、失業中の身でお金がない。けど娘はいつ亡くなってしまうかもわからないわけじゃないですか。けどお金はないんですよ?じゃあどうしろと!??!?

私はこのどうにもならない、どうにもできないような描写に非常に弱くてですね、ついつい涙を流してしまいました。とてもつらかった。

 

本当この映画のおそろしいところは、私たち映画を見てる人たちの気になるシーンを見せないところなんですよね。とにかく恐ろしいことがあるのは確かなんですけど、そこは余白なんです。見たいけど見たくない、みたいな。

終始淡々と進むストーリーはどこに行きつくんだろう?という不安感がずっとついてきます。正直ん?と思うところはあったのですが、あとからもう一度考えてみると、あれは伏線だったのか!と気づくところもあり、上手いなあ~と思わず感心してしまうシーンも。あと、キャラがとても魅力的だと思いました。登場人物の過去は深くは語られないんですけど、この人たちに過去何があったのか?と興味がわいてきます。そこがまた恐怖をあおってきましたね。

 

魔法少女ユキコは悲劇のはじまり。このキャッチコピーはこの映画を的確に表現しているのでは?私は「おすすめの映画ある?」ときかれてもこの映画を紹介することはないと思います。「見終った後にげっそりするような映画ある?」と聞かれたらこれを紹介するかもしれませんが。ハッピーエンドを望む人は見ないほうがいいと思います。

でもとても面白かったです!何回も繰り返してみたい!とはなかなかなりませんが、体力がある時にもう一度見てみようと思います。興味のある方は是非!

では、夏目リリでした。

 

 

 

ブログの紹介と自己紹介

こんにちは。夏目リリといいます、よろしくお願いします。

趣味はDVD鑑賞、読書の暇で根暗な学生です。最近本や映画をみたときに、感想をとにかくしゃべりたいのですが、友達がいないのでそれができないため、私のこの高まる気持ち(?)をどうにか消化したくてブログを始めました。

えー、好きなことを自由に書いていこうと思います。

あらためて、なにとぞよろしくお願いします。